【Ruby on Rails】チュートリアル3日目。Git?bit bucket?まだ1章が終わらない。

Ruby on Rails チャレンジ

Yay, You’re on Rails!の画面が無事表示できたので、翌日から続きを再開。

AWSのログインが切れていたので再ログイン、するとまた表示エラー。慌てずにrails serverをすると元通りに。

コントローラーにhelloアクションを追加してYay,You’re on Rails!の画面を書き換える。

 

スポンサーリンク

やっててよかったProgate

コントローラー?どこ?
ルーティング?どこ?

っていう状態でProgateのRailsを始めたので、本当にProgateやっててよかった。じゃないとroutes.rbがcofigにあることも、’controller_name#action_name’の意味もさっぱりわからず路頭に迷うところだった・・・

 

チュートリアルは文字ばかりなので、やってることの感覚をつかむ以前に文章を理解しようとしてすごく頭をつかってしまう。

一方でProgateは図解イラストをふんだんに使ってるし、実際のRails操作画面上でのガイダンスもあるからわかりやすい。ほんとProgateはすごい。にんじゃわんこがかわいい。

 

月額980円でレッスンが学び放題なので、チュートリアルにいきなり挑んで挫折する前にやるべき。Railsだけに絞るなら初月だけで十分に学べます。

【Progate有料版】一か月でどこまで学べる!?Progateマラソンに参加しました。
2018年10月、オンラインのエンジニアコミュニティTech Batonで企画された「Progateマラソン」。子育て主婦によるプログラミング学習記録を振り返りました。

 

Gitの壁。初学者の壁

Railsの操作が分かったところでGitなるものと連携設定をするらしい。

Rails チュートリアル第一章 1.4.1より

ここ!“Your email” も赤字にしてもらえるとありがたいです・・・

your nameは私の名前、your emailはわたしのアドレスを入力するんですね。

 

こういう「コピペでいけるようで実は違う」みたいなところが多すぎて躓きまくる。

慣れてる人なら「ああここはこれを代入するのね」みたいなのがわかるのかもしれないけど、初学者には見極めがつかなくてものすごく時間がかかっちゃう。

まぁGitのところはなんとかいけたんですよ。大問題は次!!

 

bitbucketの壁。branchの壁。

もう何をやってるのか頭がついていかないんですけど、Railsをやりたいので説明通りに設定を頑張る。

そう思うとすぐにRailsをはじめられたProgateはほんとありがたかった。チュートリアルやり始めて数日だけど忍者わんこが恋しすぎる。(何回も言う)

 

sshキーの作成。ssh-keygenができない

指示通りにssh-keygenを入れるんだけど、ぜんぜん解説画像と同じにならない。

 

ググりまくってみてまたこちらのブログのお世話になりました。

【Ruby on Railsチュートリアル】第一章中盤戦。Bitbucketとの連結。 - アラフィフ女の独り言
続き 前半はこんな感じ www.around50th-woman.me 続き バージョン管理 Gitによるバージョン管理 インストールとセットアップ Bitbucket 鍵の作成 Bitbucketに公開鍵を設定する (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ...

どうやらssh-keygenではダメで、「ssh-keygen -t rsa -C (自分のメールアドレス)」とする必要があるらしい。

その通りやってみるとできた!ありがたい!

 

cd /path/to/your/repo ってどこ!? →そんなファイルはない

shh鍵ができたらbitbucketの操作。

また出ました。cd /path/to/your/repo

これってプログラミング界では普通の表記なんだろうか・・・?初見のおばちゃんは馬鹿正直にこの通りターミナルに入力し、エラーになり、35分を無駄にしました。いいかげんターミナルさんも困り果ててるのでは・・・

正しくは「自分のプロジェクトに移動してね」ってことで、rails newで作ったアプリ名を入れます。。

とりあえずはできた。

 

git branchが表示されない

次はbranchなるものの解説。サブリポジトリみたいなもので、いろいろ便利らしい。ここもチュートリアルにそって進める。が、!!

なんでなん・・・なんでうまいこといかんの?

Switched to a new branch ‘modify-README’

までは行くのに次のgit branchを入力しても

master
* modify-README

にならないんだよ・・・なのでREADMEを書き換えてもチュートリアル通りに行かないし、とりあえず飛ばして先にすすめて良いものかもわからないし飛ばした行程のせいでエラーになること多数)でとにかく疲れました。今日はここまで。

 

おまけ:togglでチュートリアルにかかる時間の計測を開始

Togglというツールを使ってチュートリアルにかかってる時間を計測することにしました。アプリだけでなくPC版もあって、どのデバイスからでも同期して使える便利なツールです。

Toggl: Work Hours Time Tracker

Toggl: Work Hours Time Tracker
開発元:Toggl OÜ
無料
posted withアプリーチ

 

 

こんな感じでデスクトップ上で呼び出し、ストップウォッチの要領で▶アイコンをクリックして測ります。

 

導入したのは3日目からだけど、過去の分もさかのぼって手入力できるのも良いです。1~2日目の分はchromeの検索履歴から大まかな時間を登録。

このチュートリアル挑戦記3日目はその前に細切れ作業をしていたぶんと合わせての進捗なので2時間半かかってることになりますね。

 

2時間半かかってこれだけしか進めないとか絶望・・・既に開始から6時間以上が経過してます。

ググったら「Railsチュートリアルにかかった時間は39時間でした!」って人もいたのでわたしは何時間かかるのか想像もつかない。つらい。

ただRailsがやりたいだけなのに、Railsにたどり着けない。自分の実力不足がもどかしい・・・

 

けど、とりあえずコツコツやってみる・・・!早くRailsをやりたい・・・!(切実)

コメント

タイトルとURLをコピーしました